《11月子育てイベント》親子ふれあいヨガ

よが 画像.png

笑顔を届ける!親子の絆を深める

オンライン親子ふれあいヨガ

 

申し込みはこちら.png

 

yoga3.jpg 

 

 2020年11月29日 日曜日 10:30~(zoom)

 

 

ライングループ登録で

無料参加できます

 

ライン友だち追加.png

 

 

 

 

ヨガ1.jpg
 

 

〈当日の流れ〉

10時20分~ ZOOM OPEN

10時30分~ オンラインサロンスタート♪挨拶&自己紹介

10時45分~ 中澤 史子先生によるベビーヨガ&ママヨガ

11時15分~ 交流会(いろいろおしゃべりしましょう♪)

11時45分  終了予定

 

ZOOMが初めての方でも丁寧にやり方をお伝えしますので、ご安心して参加してくださいね。

 

〈対象〉

★産後1か月(帝王切開の方は3カ月から)~未就学児の親子(小学生の子でも参加OK)

★パパももちろん参加OK♪

★家族みんなで参加してください

 申し込みはこちら.png

 

 

 

〈講師自己紹介〉

yoga4.jpg

京都 向日市で活動中の2人兄妹(4歳・2歳)のママ

「ママとベビーのヨガ」インストラクター中澤 史子です。

 

子どもとケンカした日も理不尽に怒ってしまった日も、眠る前のベビーヨガと絵本の読み聞かせで、チャラにできると本気で思ってます。

 

 

〈こんな活動をしています〉

 

ベビーと触れ合いながら行う「産後ママのヨガ」と親子の絆が深まる「ベビーヨガ」が一緒に楽める

少人数制のヨガクラス「さんぽみち」をひらいています。

小さな赤ちゃんを連れて気兼ねなく集える小さな憩いの場です。

 

 

【ママのヨガ】

 

出産を機に心も体も生活も激変するママ。

24時間育児がもたらすストレスや不安、プレッシャーでママの意識は常に外へ向いています。

ゆったりとした深い呼吸でヨガをすると、本来の1人の人間として自分に立ち返り、自分の内側を見つめることの大切に気づけます。

肩こりや腰痛緩和、骨盤調整の効果にも期待できますよ!

 

 

【ベビーヨガ】

「ベビーヨガ」=「触れる育児」でママもベビーもにっこり

 

触れることでママもベビーも効果はたくさん!

 

・触れる方も触れられる方もリラックス

・ベビーの脳や体の発達を促し、感覚・感性が豊かになる

・なぜ泣いているのかわかるようになる

 

刺激をたっぷり受けたベビーは午後からぐっすり。ママは自分の時間を満喫できますよ♪

 

 

 

ヨガの深い呼吸で体も心もほぐし「ママ自身」が癒されると、家族にも優しくできる!

ママの笑顔は家族の笑顔!(^^)!

 

ママが楽しいとベビーも笑顔に。

必ずみんな笑顔になれるクラスです♡

 

 

〈経歴〉

 

◼︎2019.6 日本ママヨガ協会認定

ママとベビーのヨガ講師

 

◼︎同年9月

小さなヨガ教室「さんぽみち」開講

 

◼︎2020.6

オンラインヨガレッスン開始

 

その他

◼︎子育て支援センター

◼︎児童館

◼︎銀行さま

◼︎向日市女性ワークショップ

◼︎宇治フィットネスクラブ

◼︎FMおとくにラジオゲスト出演

 

にてママとベビーのヨガレッスン

 

イベントを含め、1年間で300組の親子を笑顔に。

 

 

◼︎2020.1

Safe kids japan 

子どもの傷害予防リーダー取得

 

◼︎2020.4

向日市子育て応援団活動スタート

 

 

長男を出産後、思い描いてた子育てとのギャップに戸惑い、家にこもりがちに。

散歩や買い物以外に息抜きをする方法や出かける場所もわからず、毎日孤独を感じていました。

 

そんな日々を変えたのが、15年続けていた趣味ヨガでした。

小さな子どもと一緒に通えるヨガとの出会い。同じ立場のママとも出会え、笑えるように。

 

自身の経験から、1人でも多くのママに「ママとベビーのヨガ」を通して、輝く自分を取り戻し、子どもと向き合うことで、育児を楽しめるきっかけになれば!

 

ベビーヨガ相棒の2歳娘と一緒にレッスンをしています。ベビーヨガの賜物♡柔らかい股関節が自慢です♡

 

 

 

〈講師になったきっかけ〉

出産を機に12年勤めた会社をやめ、憧れの「専業主婦」に。

自分で選んだはずなのに、周りから頼られていた会社員時代とは違い、「私とは」と疑問を感じるように。

 

「ぶれない軸を持ちたい」「周りと比べてばかりの自分を変えたい」

 

小さな子どもがいても、好きを仕事にできる「ママとベビーのヨガ講師」を知り、

現役ママだからこそ、産後ママの悩みと不安に寄り添い、子どもと触れあえる素敵な時間を伝えたいと思いました。

 

当時1歳娘のふわふわなお肌に触れて、こんな笑顔で笑うんだ!愛おしさを再確認できました。

 

 

〈参加者へメッセージ〉

自分で描いた「理想の母」とのギャップに苦しむことが多いけど、「比べない。誰とも競わない」なにより自分らしい育児が1番。

 

体と向き合って自分を大切にする。目の前の子どものぬくもりを感じて愛おしい存在だと再確認する。子どもと触れ合っているママの顔、本当にキラキラと輝いています。その姿に気づくことが自分の育児の自信につながると思っています。

 

途中で泣いても大丈夫。泣きやませなくても、周りを気にしなくても大丈夫。みんな同じママだから♡

 

 

 

申し込みはこちら.png